【2人め不妊治療】心拍確認できず稽留流産でした…

前回の記事から、少し間があいてしまいましたが、けっきょく、残念な結果になってしまいました。

前回記事:
6w2d 心拍確認できず今回は厳しいかも… 妊娠判定から、ここまでの経過まとめ

6w2dの健診で、あまり良い状況じゃなかったので、覚悟はしていましたが、その後の経過は、

2/14(7w0d)
胎嚢は成長しているものの(30mmくらい)、やはり胎芽は見えず、稽留流産が確定

2/17
掻爬手術を受ける、手術前の内診でも、やっぱり胎嚢だけしか見えない

2/24
術後1週間の健診で、とくに問題がなし

ということで、リセットです。

ただ、思ったほど悲しくはない、というか、もちろん、ショックだし残念なんだけど、泣いたりするような気持ちじゃなく、意外にも、さっぱり受け止めてます。

2人め、ということも大きいのだけど、けっきょく、最後まで、胎芽も心拍も見えずに終わってしまったからか、喪失感があまりなく…

たぶん、エコーで、胎児の心拍が見えてからの流産だったら、辛かったと思うんですけど。

それに、不妊治療をしていると、初期の流産は、受精卵の問題で、どうしようもないもの、という知識もついてたりして、7wでの宣告も淡々と受け入れました。

とはいえ、掻爬手術は、思ったより大変で、さすがに泣きが入りましたが…

次回から、手術について、書いていきたいと思いますが、術後は、つわりもなくなり、食欲もすごくて、もりもり食べて、今では、すっかり元気です。

手術が終わった日の夜には、寝る前に、ケーキとポテチを食べたくらい^^;

う~ん、でも、やっぱり残念は残念、2人めイケると思ったんだけどな…

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク