初期分割胚と胚盤胞、どっちを移植すべきか問題

2人め不妊治療をスタートし、ホルモン補充で、胚移植をしています。

今回、移植しているのは、長男と一緒に採卵した受精卵たち、残っていた凍結胚は2つ、グレード2の分割胚(3日目6分割)と、3BAの6日目胚盤胞でした。

分割胚と胚盤胞について、かんたんに説明すると、

受精卵は、受精直後に、分割を繰り返し、上手く分割が進めば、5~6日目に胚盤胞という状態になります。

体外受精の場合、通常、3日目に、受精卵の状態をチェックし、それぞれをグレードという形でランク付けします。

この時点では、受精卵は、分割胚と呼ばれる状態、分割がクリアなほど、グレードが高いとされ、1~5段階で評価されます。

グレード1~2だったら良い、3はまあまあ、通常、胚移植できるのは、このランクまで、グレード4~5だと、移植しても、着床する確率はかなり低い。

先月、移植したのが、こちらの分割胚、フラグメンテーション5%程度と、まあまあだけど、3日目で6分割は、やや分割のスピードが遅め(理想的なスピードは3日目で8分割)

結果からいうと、妊娠判定は陰性で、着床には至りませんでした。

そして、今周期に移植したのが、6日目胚盤胞です。

胚盤胞というのは、分割胚を、さらに育てると、5~6日目に、このような状態に到達して、胎児のもとになる部分と、胎盤になる部分が、なんとなく分かってくる、これが胚盤胞です。

この胚盤胞は、すでに孵化が始まってる状態で、カラから中身が出てきてますね、かなり成長が進んだ状態です。

こちらもグレードでランク付けされ、3BAとか、4ACとか、そんな呼び方で評価されます。

胚盤胞のグレードは、最初の数字が成長の段階を表し、胚の状態はAAが一番良くて、次にABとBAへ、ここまでは良い方の部類、BCとかCBみたいにCが入ってると、あまり良くなく、着床率は下がります。

それから、胚盤胞になったのが、5日目か6日目かも、けっこう重要な要素、5日目の、分割のスピードが早い胚盤胞の方が、着床率は上がるとされます。

私が、長男を妊娠したときは、5日目胚盤胞で、グレードは3~4BAだったので、まあまあ期待できる受精卵だったんですね。

今回は、5BAの胚盤胞だったので、グレード的には悪くないけど、6日目という部分が、ちょっとマイナス要素、まあ、こればっかりは、結果を待たないと、どうなるかは分かりませんが。

で、前置きが、かなり長くなってしまいましたが、分割胚と胚盤胞、どっちを移植したらいいのかという問題。

私も、今回、先生に、まずどちらから行くべきか相談したところ、「好きな方でいいと思うけど、胚盤胞がおすすめ」ということでした。

同じ程度のグレードなら、やっぱり、胚盤胞に軍配が上がるよう、それに、私は、1人めを胚盤胞で妊娠してたので、それも含めて、そういう答えでした。

でも、個人的には分割胚から移植したいと思ってたんですね。

なぜなら、3日目の時点で、一番、状態の良かった受精卵を凍結して、残った2つを胚盤胞まで培養したという経緯があるので。

じつは、その時点では、まさか胚盤胞に到達するとは思えないような、あまりグレードの良くない2つか、結果的に、まさかの両方とも胚盤胞になったという。

というわけで、分割胚に、期待を寄せていたわけですが、結果的には、陰性でした^^;

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。