掻爬手術後に大量出血…ふたたび手術室へ運ばれる

前回記事:
稽留流産で掻爬手術をうける、全身麻酔で寝てるうちに終わる…?

無事に、手術も終わり、病室に帰ってきて、ベッドの中で、ほっと一息、まだ麻酔が残ってるのか、とくに痛みもなく、その時は「早く、なんか飲みたいな…」とか考えてました。

前日から、飲まず食わずで、空腹は我慢できても、なにも飲めないっていうのは、ほんとうに辛い…

ベッドの横では、手術室から付き添ってくれた看護師さん(助産師さんかも?)が、点滴を取り替えたり、出血の様子をチェックしたりと、夫は、いったん、病室の外に出されており、私だけで、いろいろと処置を受けてました。

看護師さん判断で、まあ大丈夫そうかな、ということで、点滴に、子宮を収縮させる薬を注入、「これを入れると、けっこう痛いから」と言われ、ビビりながら「痛み止めは?」と聞くと、

痛み止めを飲むと、子宮の戻りが悪くなるからと言われ、ここは、自力で耐えなければいけないそう…

むぅ…がんばるしかないか…

そして、夫も病室に戻され、「なにか、あったら呼んでください」と、看護師さんが出ていき、再び夫と2人だけに…

しばらくすると、さっそくお腹が痛みはじめ、ダラダラと出血している感触が…

痛み自体は、生理痛のようなズキズキとした痛みで、そこまで強くはなかったのですが、いかんせん出血が気になり、夫に頼んでナースコールしてもらいました。

すぐに看護師さんカムバック、夫を病室の外に出し、出血を確認すると、けっこう多いようで、ナプキンをチェンジされる。

30cmの夜用の特大サイズを用意してきたけど、数分でダメになる出血量…

そして、じょじょに強くなるお腹の痛みに加えて、吐き気までが襲ってきました。

顔の横に、ビニール袋を置いてもらい、げぇげぇするも、前日から、飲まず食わずで、出るものがない、黄色っぽい液体をちょっとだけ吐いてしまう…

同時に、吐いた勢いで、お腹に力が入って、ドバっと出血した感触、げぇげぇとするたびにドバドバを感じ、

自分では見えないけど、なにやらヤバい感触、長男を出産後、悪露がドバドバと出て来た時の感触に似ていました。

そして、急に寒気が襲ってきて、意識も遠のいていき…急な出血のせいで、貧血になったようでした。

とりあえず、出血がヤバそうなのを、看護師さんに伝えて、出血の具合を確認もらうと、かなり出血が酷いらしく、いろいろ処置をされながら、もう一度、手術室に運ばれることに、

貧血で意識が朦朧とするなか、ストレッチャーに乗せられ、再び手術室に運ばれました。

連絡をうけて待機していた医師が、エコーで診察、と同時に、酸素マスクのようなものをつけられ、深呼吸するように言われる。

どうやら、麻酔らしく、頭の中がフワッとしていき、あまり痛みを感じることもなく、たまった血を吸い出してもらい、2回めの処置も終了。

前を違って、ぼんやりと意識はあって、「出血量が200g」みたいなことを、看護師さんが言っていたのを覚えています。

200gか…

牛乳瓶1本ぶん、献血で取られる量と同じと考えると、まあ、なんとか…

処置自体は数分で終わり、医師の診察によると、子宮収縮剤を入れたことで、急に出血しただけで、大事ないそう、すぐに病室に戻ることができました。

その処置の後は、さっきより、痛みも貧血も良くなって、自分でも山場を越えたのが分かりました。

ここから2時間安静して、とくに問題なければ、夕方ごろには退院できるとのこと。

でも、まだ2時間は飲食厳禁、空腹が辛い…

途中、看護師さんが、出血の具合を見に来たりしたけど、出血はおさまって、全く問題ないそう。

体調も、じょじょに良くなってきたので、安静がとけたら、すぐにでも、なにか食べられるように、夫にコンビニに買い物を頼む。

暖かい飲み物が欲しかったので、紅茶と菓子パンみたいな買ってきてもらい、横になって、ひたすら時が過ぎるのを待ちます。

もうすぐ、1日弱の断食が終わる…

胎嚢など、妊娠性の組織が出たせいか、気がつくと、つわりもなくなっていました。

この後は、とく問題なく、午後5時頃には退院。

この日の医療費は、日帰り入院&手術で16000円くらい、保険の適用なので、不妊治療に比べると安く感じます。

薬は、抗生物質と子宮収縮剤が処方されました。

夫と2人でタクシーにて帰宅、家に帰ると、母親と長男が迎えてくれました。

子どもの笑顔に癒やされ、夫にも1日付き添ってもらいって、母にも3日ほど滞在してもらって家事をお願いし、オールスターで支えてもらえて、自分は恵まれてます。

これ、1人で手術を受けて、夫もまだ仕事で居らず、誰もいない部屋に1人で帰ってきてたら、たぶん1人で大泣きしてましたね。

しばらく絶食していたせいか、夕飯は半分ほどしか食べられなかったけど、寝る前には、しっかりお腹が空いて、ケーキとポテチを食べて就寝。

こうして、大変だった1日が終わりました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク