判定日のhCG値、低い高いの基準は? 気になるhCGの数値と出産率の関係

2人め不妊治療をスタートして、1回めの胚移植は陰性、そして、先日、2回めの移植で陽性判定をもらいました。

参考記事:
妊娠判定が陽性?! 胚移植のフライングはいつから? フライングする場合の心得

今回の胚移植、判定日BT12のhCG値は、706という数値、

医師からも、「出だしの勢いは、なかなか良い」という評価で、それなりに満足だったんだけど、家に帰って、第一子のときの数値を調べてみたら、同じくBT12で1466という数値…

今回、半分しかない!

と思って、判定日のhCG値ついて、いろいろ調べてみました。

そして、見つけたのが、こちらのデータ、

BT7のβhCG(mIU/ml) 生産率
1〜10 4.3%
10〜20 20.8%
20〜30 38.5%
30〜40 56.3%
40〜50 65.9%
50〜60 79.8%
60〜70 81.3%
70〜 82.9%

胚盤胞移植で妊娠した人の、移植後7日目のhCGの数値と、その後、妊娠が継続して出産できた確率です。

出典元は、KLCで使われてる基準とか、新橋の夢クリの院長先生の論文からとか、いろいろ言われたけど、とりあえず、けっこう有名なデータのよう。

これをグラフにしてみると、

hCG妊娠継続率

BT7のhCGが50までは、ほんと~にキレイに比例するけど、hCG50以上は、だいたい80%で頭打ち、

自然妊娠でも流産率は15~20%だと言われているので、いくらhCGが良くても、その壁を超えるのは無理ってことなんですかね?

KLCで不妊治療をしてる人のブログを読むと、BT7の判定日で、hCG値50以上が理想みたいですね。

不妊治療では有名な、両角先生のブログでも、

例えば4週0日に判定を行っているとした場合、正常だと大体hCGが50~100程度になります。100以上になる事も多くみられます。
参考:妊娠判定日のhCGが低い場合

ということで、BT9でhCGが50以上が、正常妊娠のいちおうの基準のよう。

でも、ですね、

うちのクリニックは、BT12がはじめての判定日なので、BT7とかBT9の数値は分からな~い…(-_-;)

それに、判定日のhCG値が低くても、その後、数値が伸びて、無事に出産した人も、たくさんいて、hCGは数値もだけど、伸び率も同じくらい重要です。

なぜなら、妊娠初期のhCGは、1日で1.5倍~1.8倍くらいになるので、着床のタイミング次第で、数値に、ものすごい差が出てくるんです。

ということで、丁寧なところは、判定日が2回あって、hCG値の伸び率も見るんだろうけど。

でも、私は、BT12の数字しか分からないし、医師からは、「出だしは勢いがある」と言われたので、おとなしく胎嚢確認を待ちます。

こればっかりは、数字は目安でしかないし、なるようにしかならないですからね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク