妊娠判定が陽性?! 胚移植のフライングはいつから? フライングする場合の心得

先日の1/16に移植した胚盤胞、BT12が妊娠判定でクリニックへ行って来ました。

参考記事:
【2人め不妊治療】 最後の胚盤胞を移植してきました

結果は、

血液検査で、hcg値は706…

なんと陽性でした!

でも、実は、今回の胚移植、事前に、妊娠検査薬でフライングしていたんです^^;

フライングに関しては、ネットで、いろいろ見ても、賛否両論あるようですが、今回は、そんなフライングについて書いてみたいと思います。


フライングするメリット

先月の胚移植の後、息子は元気だけど下痢が続いていて、そのうち、私も、「あれ? ちょっと吐き気がする?」みたいな感じになってしまいました。

これ、つわりの兆候ならいいけど、ウィルス性の胃腸炎だったりしたら大変だと、急いでドラッグストアで妊娠検査薬を買ってきたのが、そもそものきっかけ。

結果は、真っ白けの陰性で、吐き気はただの胃もたれだったよう^^;

息子の方も、小児科で見てもらったら問題なし、離乳食の影響で、ちょっと下痢気味になってただけでした。

でも、フライングしたおかげで、判定日には、だいたい結果が分かってたので、「残念ながら…」と告げられても、冷静に、次の移植について、いろいろと相談できたんです。

第一子の治療のときは、フライングはせずに、クリニックで検査して、初めて結果を知らされる流れにしてたのですが、もう、待ち時間はそわそわして、ずっと緊張…

その経験があったので、今回から、フライングする派に転向しました^^;


フライングするデメリット

でも、妊娠検査薬って、「生理予定日1週間後から使ってください」というのが一般的だし、そもそも、確定検査じゃないんですよね。

なので、そこの所を、きちんと理解したうえで、自己責任でやる必要があります。

ということで、私なりの、フライングする場合の心得を書いてみたいと思います。

あくまで、「私なりの心得」なので、正しいやり方というわけじゃないし、フライングをおすすめするわけでもありません。


■フライング検査はいつから?

妊娠検査薬は、尿中のhcgというホルモンに反応するのですが、このhcgは、受精卵が子宮に着床すると分泌されます。

hcgは、妊娠の経過とともに、どんどん増えていくんですが、検査薬に反応するまでになるには、時間が必要、

胚移植後、いつから使えるかですが、胚盤胞なら1週間、分割胚なら10日は、最短でも必要かな、と思います。

胚移植フライング

これは、胚盤胞移植から6日めの夜(BT6)にフライングしたときの妊娠判定、

よ~く見ると、うっすら線が見えてるような気がするけど、なんとも言えない感じ^^;

胚移植フライング

そして、こちらは、それから2日後のBT9の朝に使った検査薬、はっきりと陽性の反応が出ました。

ネットで見ると、早い人で、胚移植からBT6~7、ET10あたりで、反応が出たという人もいますが、はっきりと出るのは、判定日の2~3日前くらいが多いよう。

それに、一般的に、ドラッグストアで買える検査薬では、「生理予定日1週間後から」となってて、やっぱり精度の面で、その時点では、いまいちなんですよね…

■フライングするなら2回以上、朝に紙コップで

フライングするなら、検査薬は2回以上使って、反応の変化を見た方がいいです。

2日くらい間を明けて、前回から比べて、線が濃くなったら、じょじょにhcgが増えてるということが分かります。

それから、朝一の尿の方が、反応が分かりやすいみたいです。

検査薬を使うときは、検尿のように、紙コップに尿を取って、そこに検査薬をつけてやりましょう、引っかけるやり方だと、必要量がちゃんと付かない場合もあります。

■偽陽性の場合があることも念頭に

ホルモン補充で胚移植している場合、偽陽性が出ることがあります、妊娠してないのに、補充したホルモンに、検査薬が反応してしまうんですね。

検査薬はhcgに反応するので、hcg注射を打ってたりする場合は、正確な結果が出ません。

それから、検査薬の種類によっては、蒸発線という薄い線が、時間がたってから出ることもあり、それを陽性と勘違いしてしまうケースもあるよう。

最終確定は、やっぱり判定日まで待たないと分かりません。


という感じで、やっぱり、賛否両論あるフライング検査、決して、おすすめはできません^^;

でも、デメリットを自覚して、自己責任でやれば、目的によっては、有用かもしれません。

仕事してたりすると、スケジュールを立てるにも、ある程度、当たりをつけておきたいし、持病で薬を飲んでたりする人は、妊娠の可能性は、いち早く知りたいですよね。

私も、今回は、第一子の0歳を抱えての不妊治療だったので、フライング検査に助けられました。

といっても、判定日で陽性が出ただけで、胎嚢確認も、心拍確認も、まだこれから、ここからは、また山あり谷ありです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク