フライング検査で偽陽性!? hcg3000を注射した影響でいつまで残る?

先日の判定日、残念ながらの陰性宣告、そして、リセットして本日D3です。

今回の胚移植、じつはBT9にフライング検査をして、ものすごく薄い妊娠反応が出てました。

でも、薄すぎて、私には見えるような気がするけど、夫に見てもらったら、「見えないよ」の一言。

それくらい薄い薄い反応でした。

あまりにも薄すぎたので、これは目がないな、と確信できる結果、今回、hcg注射をしてたので、その影響で偽陽性が出たようです。

その時の検査薬がこちら

どうです? 線が見えますか?

画像だと、なんとなく見えるかな、実物は、もっと微妙な感じ。

ちなみに、前回、判定日で陽性判定が出たとき(その後、流産しちゃったけど)は、同じBT9で、もっと、はっきりくっきりと反応が出てました。

どっちも同じ検査薬で、生理予定日1週間後からのやつだけど、妊娠してたらBT9くらいには、はっきり反応が出る人が多いようです。

ということで、今回のフライング検査は、偽陽性の陰性(?)という、まぎらわしい結果でした。

個人差もあると思いますが、hcg注射の影響が、いつまで残るのかの参考に、時系列をまとめておきます。

BT0 胚盤胞移植 hcg3000注射

↓(4日後)

BT4 経過の診察 hcg3000注射

↓(5日後)

BT9 フライング検査で薄っすら陽性(偽陽性)

個人差もあると思いますが、hcg3000の影響は、5日くらいだと、まだ少し残ってるようですね。

フライング検査するなら、1週間はあけたほうがいいのかな、そして、hcg5000やhcg10000なら、もっと長く影響が残ると思われます。

でも、今回、BT9まで待ったから、この程度の反応で終わって、「あ~、これは注射の影響だな」って分かったけど、

それより前にフライングしてたら、もっと濃く線が出て、陽性と勘違いしちゃったかもね。

勘違い陽性からの、判定日の陰性宣告って、かなりショックでかいよね。

hcg注射した場合は、フライングはしない方がいいですね、というお話でした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク